乾癬性関節炎(関節症性乾癬)に適応があります。尋常性乾癬には現在のところ適応が有りません。JAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬という新しいメカニズムの治療薬です。もともと関節リウマチの治療薬として使用されていました。皮膚にも効果があります。15 mg 錠を1日1回内服します。状態に応じて7.5 mg 錠に減量が可能です。なお、28日分の薬価が139160円です。3割負担の方で41750円かかります。

帯状疱疹のリスクが高まることが知られていますので、この治療を検討されている方は事前に帯状疱疹ワクチンの接種を強くおすすめしています。深部静脈血栓症、肺塞栓症といった血栓のリスクが高まります。そのための注意が必要になります。また、生物学的製剤と同様に結核を事前に検査する必要があります。

当院は生物学的製剤の承認施設ですので、処方は可能です。しかし、処方までに事前の検査などが必要になるため、基幹病院への紹介が一度必要になります。