アトピー性皮膚炎を患っている方で、「唇が乾燥する」とおっしゃる方は多いです。それは口唇炎の症状なのですが、リップなどを長い期間使って治ってこない方も多いです。

「唇が乾燥する」状態の方は、唇をなめるクセがあること多いです。お子さんに多いのですが、唇やその周りをずっとなめ回すことを繰り返していると、周囲が輪を描くように赤くなります。これを舌なめずり皮膚炎といいます。これが長期間続くとカールおじさんのような色素沈着を残すこともあります。

唇が長い期間荒れている方は、点々とシミができてきます。labial melanotic maculesといわれたり、口唇メラノーシスといわれたりします。アジア人に多いとされています1。アトピー性皮膚炎の発症時期が早い人に多い傾向、アトピー性皮膚炎があってもIgEが高い患者さんに唇の色素沈着が多い傾向が示されています2

治療の仕方

口唇炎に関してはステロイド外用剤を中心に治療していきます。ワセリンを中心とした保湿も有効です。色素沈着はQスイッチルビーレーザーを使用します。当院でも多くの方に実施しています。1回の治療で終了することが多いです。

参考文献

  1. Aljasser MI, Lam J, Lui H, Kalia S. Labial melanotic macules in atopic dermatitis: An observational study. J Dermatol Dermatol Surg 2019;23:86-9.
  2. Kang IH, Jeong KH, Lee MH, Shin MK. Atopic labial pigmentation: A new diagnostic feature in Asian patients with atopic dermatitis. Int J Dermatol 2018;57:817‑21.