治験とは

薬が多くの患者の治療に使われるようになるためには、「薬の候補」となる物質を選び出し、動物やヒトなどの細胞で作用・効果・安全性などを調べます。ある程度安全性が確認できた候補を健康な成人や患者さんに使用して、効果や安全性、治療法(適正な投与量や投与方法)などを確認する目的で行われる「臨床試験」のことを「治験」といいます。

治験の必要性

今ある治療法では解決できない病気や症状で多くの方が苦しんでいます。多くの方が「新しい薬」を望んでいます。日夜世界中で病気に関する様々な研究がなされていますが、これらの研究からお薬ができるまでの道のりはとても長いものです。新しい薬を創るためには、「治験」を行う必要があり、治験は、患者さんの協力なくしては行うことができません。もちろん、参加は自由意志です。その場ですぐに決める必要はありませんし、ご家族などと相談していただいてもかまいません。十分に検討して治験への参加を決めてください。当然、参加された患者さんのプライバシーや安全性には最大限配慮いたします。

治験と臨床研究の違い

医薬品や治療法のエビデンスの構築、または良い使用方法や治療方法を探索することを目的とする研究を臨床試験といいます。その中でも、製薬企業等から研究資金等の提供を受け、医薬品等を用いる臨床研究や、未承認・適用外の医薬品等を用いる臨床研究を特定臨床研究と呼びます。特定臨床研究は、臨床研究法に基づいて認定臨床研究審査委員会及び厚生労働省に必要事項の報告・確認が義務付けられています。

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000647734.pdf より引用

現在募集中の治験

脂漏性皮膚炎

頭部の脂漏性皮膚炎についての治験があります。脂漏性皮膚炎がある18歳以上の患者さんが対象となります。当院に通院可能な方に限ります。

現在募集中の特定臨床研究

アトピー性皮膚炎

生後6ヶ月以上の比較的軽症のアトピー性皮膚炎の患者さんを対象にプロアクティブ療法を行うための臨床研究

尋常性乾癬

WJPR 西日本炎症性皮膚疾患研究会のメンバーとして乾癬の大規模データベースを作るためのレジストリに参画しています。

尋常性乾癬の患者さんに対する内服薬を継続することによる効果を見るための臨床研究

治験、臨床研究への参加については当院お問い合わせフォームよりご連絡ください。