ニキビがある場合、脱毛をしていいかどうか迷うこともあると思います。脱毛をすると、ムダ毛を自己処理する手間を軽減でき、肌トラブルを防ぎつつ、すべすべの肌に近づけるため注目されています。脱毛を検討される方の中には、ニキビやニキビ跡があっても施術を受けられるかどうか、気になる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、ニキビがあっても脱毛の施術を受けられるかどうかを解説します。また、プロの脱毛によって得られるニキビ予防のメリットや、ニキビと勘違いされがちな毛嚢炎(もうのうえん)についても解説します。

顔や背中にニキビがあっても医療脱毛はできる?

顔や背中はニキビができやすいため、医療脱毛の施術が受けられるか気になる方は多いでしょう。
結論からお伝えすると、肌にニキビがある状態で医療脱毛ができるかどうかは、ニキビの状態次第です。当院では、患者さん一人ひとりの肌状態を見極め脱毛の可否を判断しています。ニキビの症状別に、施術できるかどうかを解説します。

ニキビがいっぱいあるのですが、お顔のうぶ毛も気になってしまいます。どっちも治したいんです。

一般的にはニキビの治療を優先したほうが良いのですが、状況によって対応の仕方が変わるんです。

脱毛しても大丈夫なニキビ

ニキビが既に治りかけの場合には、患部を避けてレーザーを照射することで、脱毛の施術を行うことができます。また、ニキビができて間もない場合や赤い化膿したニキビがあっても、できている範囲が部分的な場合には同様に患部を避けて施術します。

脱毛をやめたほうがよいニキビ

先程の話ともつながるのですが、赤みが強いニキビが広範囲にできている場合は脱毛できません。レーザーの刺激や熱で、ニキビが悪化するリスクがあるからです。その結果ニキビが治るのが遅れ、ニキビ跡が残るリスクにもつながります。

このような状態の場合は、ニキビの治療を最優先することが大切です。

ニキビ痕は脱毛OK

ニキビ跡だけの場合は、問題なく施術できるケースがほとんどです。炎症や化膿はすでに収まっており、レーザーや光の刺激に弱い状態でもありません。医療脱毛のレーザーは黒い色素に反応しますが、ニキビ跡の色素沈着は色が薄いため、レーザーが反応しないことも多いです。逆に、あまりに濃い色素沈着がある方は施術を延期することをおすすめすることがあります。ニキビ跡が気になっている方は、脱毛を決心された際に前もってご相談いただくと良いでしょう。

ニキビ治療と脱毛、どう両立させたら良いの?

通常はニキビの治療を先に行い、ニキビがしっかり改善してから脱毛を行ったほうが安全です。しかし、ニキビは治療に時間がかかります。ムダ毛が気になって脱毛を早くしたい方は相談が必要です。またニキビが完全に治りきらないことが気になる方もいるかも知れません。

その場合はニキビ治療の一環として顔の脱毛をすることもあります。すべての人におすすめできる施術ではありませんが、ニキビの改善が可能になることも有ります。

サロンで脱毛しようとカウンセリングしたら、にきびがあるからダメって言われました。

そういうときは、ニキビ治療も含めて皮膚科でやったほうが良いかもしれませんね。

顔脱毛できないニキビが続いているとき

ニキビの治療を強化するのが鉄則です。顔脱毛をしたいとき、比較的刺激が少ないジェネシスを使うことがあります。ジェネシスは主に肌質の改善を目的としたレーザー処置ですが、ニキビの改善にも役立ちます。そして若干うぶ毛が減ります。ただし、男性のヒゲ脱毛には物足りないでしょう。

脱毛に関してはどこで相談したら良いの?

ニキビの保険診療ができるクリニックで脱毛を相談するのが一番良いです。保険でのお薬を使えるかどうか、はニキビの治療しやすさに大きく影響します。また皮膚科専門医がいればニキビの治療や脱毛の際に起こったトラブルへの対応も早いです。荒れている時に無理することは良くないですが、トラブルの対処ができる皮膚科専門医の元で脱毛することが一番安心です。

脱毛することでのニキビに対するメリット

カミソリでのトラブルが減る

特に、お顔のニキビが気になる男性ではカミソリでもシェーバーでも、毎日のひげ剃りは肌に大きな負担をかけます。剃る回数が大きく減ると、それによってお肌や毛穴への負担が減ります。カミソリ負けは傷から雑菌が入ってくることでニキビを悪化させることにも繋がります。

毛が少なくなることで洗顔が効率良くなる

毛穴は常に皮脂を出しているため、毛の根元などに汚れがたまりやすく、雑菌も増えやすいです。脱毛で洗顔の効果が良くなります。さらにうぶ毛が減ることで毛穴が引き締まりニキビの予防にもなります。

ターンオーバーが良くなる

ターンオーバーが良くなった結果、毛穴へ角質がたまりにくくなり、ニキビの原因である面疱ができにくくなることも想定されます。

脱毛したらニキビができてきたんですけど

脱毛をして数日後から、ニキビみたいなものがたくさんできてきました。これ何ですか?どうしたらいいですか?

これは毛嚢炎といって比較的太い毛を脱毛する時に起こりやすい合併症です。ニキビとは少し異なります。

毛嚢炎とニキビの違いですが、中に芯があるかどうか、というところが見分ける鍵になります。その芯のことを、専門的に「面疱」や「コメド」といいます。ニキビの本体はコメドなので、毛嚢炎とは異なります。毛嚢炎は抗生物質を塗る、飲むなどで治癒できますが、ニキビは抗生物質だけで治癒しません。

通常は、脱毛後にできる毛嚢炎はおよそ1週間くらいで自然に治ってきます。しかし、痛みなどでお困りの際は皮膚科で対応します。男性のヒゲや、男女問わずVラインなど太い毛の脱毛をする時によく見られます。

ニキビの薬を塗っているときの注意点

ベピオゲル、デュアック配合ゲル、エピデュオゲル、ディフェリンゲルを使用している方は、3日前から使用を中止してください。同じようにゼオスキンヘルスなどでトレチノイン(レチノイン酸)やビタミンA(レチノール)をお使いの方も3日前から中止してください。

ニキビについて、脱毛についても相談できる施設で注意深く脱毛することが、ニキビの改善や効果的な脱毛に役立つでしょう。カウンセリングのご予約はこちらまで