アトピーですが、医療脱毛はできますか?

最近「脱毛をしたいですが、アトピーという理由で暗に断られました」という患者さんのお声をよくお聞きします。 一見デメリットが多そうな脱毛ですが、実はメリットの方がある為、当院ではご希望の方には医療脱毛を行っております。本ページではアトピーと医療脱毛の関係性について解説します。

なぜアトピー性皮膚炎があると脱毛を断られるのか?

医療機関でないところでの脱毛

サロンなどで脱毛をする場合、アトピー性皮膚炎があることで脱毛を断られることがあります。悪化した場合の対処はサロンではできないからです。

アトピー性皮膚炎の状態が悪いこと

アトピー性皮膚炎の状態によっては脱毛するのが困難なことがあります。その場合はしっかりアトピー性皮膚炎の症状を制御する必要があります。皮膚炎が落ち着いていれば脱毛は問題なく行えます。

皮膚科専門でない医療機関での脱毛

皮膚科専門でない医療機関で医療脱毛を計画する場合も、アトピー性皮膚炎の重症度を把握できないために脱毛していいかどうか判断できないこともあります。医療脱毛をやっていいかどうかの診断書を書いてもらうために皮膚科専門医に紹介されることがあります。

アトピー性皮膚炎の悪化因子と脱毛の関係

アトピー性皮膚炎の悪化因子

アトピー性皮膚炎の肌はバリア機能が衰えているため、様々な刺激が悪化因子となります。ハウスダスト、ダニなどの環境アレルゲンは有名ですが、衣服などによる擦れ、掻破行為、汗で悪化するという方も多く、また、空気の乾燥や、皮膚に触れる様々な物質、ストレスなども重要な因子です。そのため、刺激となりうる脱毛は注意が必要になります。

脱毛により皮膚炎が悪化する可能性

レーザー自体が肌に直接影響を与えるケースは少ないですが、大体の医療脱毛レーザーは黒い色に反応して熱を加える為、アトピー肌の色素沈着しがちな肌表面にも熱による刺激がきっかけとなる炎症の原因となります。

また、脱毛を行った後は乾燥することがありますので、保湿を怠ることによる悪化も考えられます。

医療脱毛を行う際に気をつけること

アトピー性皮膚炎のコントロール

脱毛を行う際に最も大切なのはアトピー性皮膚炎の徹底的なコントロールです。かゆみがない肌を手に入れることは、脱毛をする、しないに関わらず大切なことです。

表面にダメージの与えにくい機種がお勧め

医療脱毛で使用される波長には、アレキサンドライト・ダイオード・YAGの3種類があります。2024年現在ではアレキサンドライト+YAGの組み合わせた機種、ダイオード単体の2つのタイプが主流です。

それぞれメリット・デメリットがありますが、アトピー肌においては、ダイオードが向いていると考えています。アトピー肌の特徴に、刺激に弱い・色素沈着している肌が多いという点があります。

ダイオードは黒色への反応率がアレキサンドライトに比較して少なくヌケ感に劣りますが、その反面、色素沈着の肌にも照射できる為、アトピー肌にも照射可能です。

脱毛方式には、熱破壊式と蓄熱式の2種類があります。

熱破壊式は従来から使用されてきたもので、毛の元となる毛母細胞を直接焼き切るタイプです。最近では蓄熱式という熱を徐々に加えていくタイプのものがあります。アトピー肌だけに限ると、熱によるダメージを与えにくい蓄熱式の方が向いていると考えています。

肌の状態による出力調整

アトピー肌は炎症が出ている部分の照射を避ける(または出力を下げる)、色素沈着の度合いによって出力を下げるなどの細かな調整が必要です。

また、当たり前ですが照射を避けると脱毛が完了しない為、いかに普段の治療でアトピー性皮膚炎の寛解を達成できているかも重要です。

そのため、普段からかかりつけの皮膚科医のところで脱毛を行うことをお勧めします。

アトピー性皮膚炎の方が医療脱毛を行うメリット

最後にアトピー性皮膚炎の肌で医療脱毛を行うメリットについて解説します。

最も大きいメリットは自己処理による肌ダメージを0にできる点です。 男性は特にヒゲなどの部位は毎日自己処理をしている方も多い為、医療脱毛を行うことで炎症がコントロールしやすくなるというメリットが有ります。